橋詩(20)

「橋詩」

橋詩(きょうし)の世界は三行詩
五や七 単位のブロックで
色んなものを橋渡し


<橋詩 南陽彰悟(‘191017日から)>

 

 

 

 

 

「新築の家」

 

心が弾(はず)む

慣(な)れなくて

ダンボール箱は多く残るが

 

 

「大粒(おおつぶ)の雨」

 

散歩の途中でかなりの雨が

靴(くつ)の中にも水たまり

新設道路も様(さま)変わり

 

 

「漁連丸」

 

久しぶり魚料理の

店員さんは以前のままで

食べた料理も同じです

 

 

「飛江田団地」

 

歩いて通り抜(ぬ)けた

よく目立ち以前から知っていた

川 山見えて住み良さそうな

 

 

「カメラ店」

 

元気がないなあ

品数しだいに減ってきて

客は1人もいなかった

 

 

「散歩」

 

一葉稲荷神社

コープ小鳥店歩いて回った

街はなかなか楽しいな

 

 

「赤ちゃん」

 

赤ちゃん抱いた

親戚来たよ

赤ちゃん触って見飽きない

 

 

「下田島の土地」

 

3つに区画

一番北から建ち始め

2階建て外観分かる

 

 

Wi-Fi子機アダプター」

 

USBに外付けの小さなアンテナ付いてます

ちょっと試して

なんだか速そう楽しみな

 

 

「コンビニ店のWi-Fi

 

意外と速い

駐車場は遠くてもOK

知らなかったな

 

 

「ノートパソコンの内蔵Wi-Fi

 

大型Windows update後使えなくなっていた

今日はようやく使えたよ

ドライバーが供給されたのだろう

 

 

「夕方散歩」

 

暗くなる過程

民家の明かり事務所の明かり

ドラッグストアは客多い

 

 

LEDスタンド」

 

初めて買った

小型軽量明るくて

机の上にはピッタリの

 

 

「ダンボール箱」

 

引っ越ししてから24日目

箱の数しだいに減った

涼しくなって体は楽だ

 

 

LEDランプの寿命」

 

尋(たず)ねたら

一日8時間点(つ)けて15

生きているかなあ

 

 

「北海道展」

 

黒醤油ラーメン食べた

海の幸など

ツマミ買うおじさん多い

 

 

「犬の糞(ふん)」

 

ゴミ箱に

犬の糞入れないでください

と書いてあったうーむ

 

 

「道具」

 

錆(さ)びたネジ

なかなか外(はず)れず困ったなあ

小型のスパナを買って解決

 

 

「新しい帽子(ぼうし)」

 

庇(ひさし)の曲がりは日除(よ)けかな

固くて馴染(なじ)まない

しだいにしっくりしてくるだろう

 

 

「高齢者の運転免許更新」

 

初めて受けたよ認知機能検査

まわりは最高92

なんとか第3分類OKだった

 

 

「短期記憶と長期記憶」

 

残念ながら長期記憶は遺伝で決まる

短期記憶は訓練しだい

認知機能検査は短期記憶が

 

 

「灰色状態」

 

正常と認知症の境目(さかいめ)近く

こんな人は多いだろう

努力をすれば大丈夫(だいじょうぶ)

 

 

「休診」

 

行ったら休診

お医者さんも

人間だからなあ

 

 

「ノートパソコン」

 

使い始めて5年半

バッテリーは1時間もつ

まだまだ使い続けよう

 

 

1110日の西都原古墳群」

 

コスモス満開過ぎたけど

遠くの山は澄(す)んでいて

疲れがとれる西都原

 

 

2重ガラス」

 

断熱良くて

こんどの冬は

過ごしやすいかな

 

 

「始めと終わり」

 

始めはよいよい

終わりはつらい

始めるときには終わりを考えて

 

 

「インフルエンザ ワクチン注射」

 

今年もしたよ

マスクをした人多かった

ありがたいなあ予防が一番

 

 

「今日も北海道展」

 

札幌みそラーメン

この前は黒醤油(しょうゆ)

ウィークデーでも客多い

 

 

11月中旬 墓参り」

 

気温は下(さ)がった

でも日は照(て)って

寒くはなかった空の下

 

 

「ススキ」

 

切っても切っても

すぐ伸びる

雑草の王様だ

 

 

「おばさん」

 

母の妹やっぱり似(に)てる

話していると

母と重(かさ)なる

 

 

「久しぶりの雨」

 

雨はうれしい

車きれいに

吸い込(こ)む空気も潤(うるお)いが

 

 

「側溝の蓋(ふた)」

 

車が乗るとカタカタと

工事の車が来てくれて

静かになった市の対応もなかなかだ

 

 

「姪(めい)の子」

 

アンパンマンが大好きで

ボールペンで線を描(か)く

色白元気でかわいいな

 

 

「タクシー会社」

 

2社に電話つながらない

午後の4時需要多そう

調べたらタクシー会社ずいぶん増えていた

 

 

「蟻(あり)の巣」

 

砂盛り上がり

アリの巣見つけた

幼(おさな)い頃を思い出す

 

 

「秋」

 

白いコンクリート

椿(つばき)の落ち葉で

秋を見る

 

 

「ステーキ宮」

 

10年前思い出す

こちらにオープン4日目に

タレは昔そのままの

 

 

「最近のノートパソコン」

 

SSD Optane ハードディスクも

ストレージは多様化し

AMDcpu 

 

 

「母が亡くなりちょうど1年」

 

墓参り先日の卒塔婆(そとば)裏に移し

花とシキミを供(そな)えます

風吹かず静かな空気

 

 

「ショッピング モール」

 

メガネを洗い品を見て

人の流れが

飽(あ)きないなあ

 

 

「夕焼け」

 

夕焼け楽しみ

空気は冷えた

いよいよ冬が顔出すか

 

 

「ネジの寿命」

 

24年間雨ざらし

鉄製だけどなんとか外(はず)せた

今度は替(か)えたよステンレス

 

 

1130日」

 

始まったクリスマスツリー

電飾も

最近はめっきり減ったブルー光

 

 

「テレビショッピング」

 

見ていて楽しい

知識も得られる

買わないけれど

 

 

「引越し後」

 

2ヶ月たてば

慣(な)れて落ち着く

師走(しわす)です

 

 

「ショッピングモール」

 

電光ツリーで

12月気分

タブレット触って見易(やす)いな

 

 

「経営者の替わった食堂」

 

鶏肉柔(やわ)らかボリュームあって

キャベツもさくさく

店主がぐっと若くなり

 

 

「河津桜(かわづざくら)」

 

枝が増えたのよく分かる

1輪花が冬の陽(ひ)に

今年も残りは20日余(あま)りに

 

 

「¥1200理髪店」

 

若い店員さん

スマホの質問答えてくれた

会話は昔と同じです

 

 

「認知機能検査の問題」

 

毎日続けるこの訓練は

他(ほか)のことにも

記憶力目を覚(さ)ます

 

 

「年賀状書き」

 

今年も始めた年賀状書き

この1年は大忙(いそが)しの

2人も概(おおむ)ね健康で

 

 

3日曇りで今日晴れた」

 

家内は洗濯なかなか乾かず

よく晴れて衣服が乾き

上機嫌(じょうきげん)

 

 

「固定電話」

 

止(や)めて2ヶ月

困ったことは

別に無いなあ

 

 

「雑誌のアスキー」

 

昔はパソコン

今スマホ

時代の流れを見事に反映

 

 

「老人の食事会」

 

お巡(まわ)りさんのオレオレ詐欺対策

ボール入れゲーム

幕の内旨(うま)かった

 

 

「集会所」

 

父母も昔に使ったよ

長机 下駄箱(げたばこ)なども

そのままだろう

 

 

「おばさん」

 

母の妹 昔話をいろいろ聞いて

元気な姿を見ていると

私もうれしい

 

 

「散歩」

 

散歩後

血圧測れば

低めに出たなあ

 

 

「ブルーレイディスク」

 

久しぶり壊(こわ)れたよ

新ディスクにコピーした

いろいろあって1晩かかった

 

 

「コンクリート」

 

白いコンクリート

数少ない落ち葉載(の)る

もう半月でお正月

 

 

「庭」

 

朝焼け見えて

夕焼け見えて

ありがたいなあこの庭は

 

 

「水銀灯からLEDへ」

 

街灯が

水銀灯からLED

色もきれいになりました

 

 

「ラムネ」

 

今は缶(かん)入りも

単純で

懐(なつ)かしい味

 

 

「住宅地」

 

新しい家古い家

眺(なが)めて楽しい

散歩道

 

 

「十字路」

 

明かりのついた建物少なく

ヘッドライトは混(こ)み合い流れる

朝の感じと大きく異(こと)なる

 

 

「ノートパソコンの電池交換」

 

初めて見たよ細長い電池

思ったよりも小さいな

6年間弱よく頑張った

 

 

「スマホの漢字変換」

 

スマホのメーカー同じでも

値段によって変換能力異なるなあ

こんなところも差を付けるのか

 

 

「スマホの値段による差」

 

ショップで聞いた

値段の差はテレビが見られる

防水防塵(じん) お財布ケータイ サクサク動作

 

 

「ガソリンスタンド」

 

セルフに押されてフルサービス

値段は高いが窓拭(ふ)いて

老人たちにはありがたい

 

 

「クリスマス」

 

ケーキに若鶏オーブン焼き

スパークリングワイン

忙(いそが)しい年無事暮(く)れる

 

 

「墓参り」

 

忙しい年だった

健康に年の瀬迎え

お墓にお礼を

 

 

「散歩」

 

農村散歩は美しく

町中散歩は

人と会う

 

 

「ノートパソコンの電池」

 

5年後は電池のもちが

1 / 25 

かなりの劣化だなあ

 

 

「母がいた頃(ころ)」

 

皆で集まり餅(もち)ついた

今年の暮は

草餅買って食べました

 

 

「大晦日(おおみそか)」

 

慣れないことを多くこなした

2人共健康で

ありがたいなあ仏のおかげ

 

 

2020年元旦(がんたん)」

 

墓参り

車多くて

全国チェーン店皆開店だ

 

 

「お正月」

 

椿(つばき)の蕾(つぼみ)と

金柑(きんかん)黄色

青空背景お正月

 

 

「初詣(はつもうで)」

 

いつもの道を歩きます

巫女(みこ)さん爽(さわ)やか

御札(おふだ)明るく

 

 

「裏道」

 

初めての裏道

畑は1つもありません

数十年前の1戸建て

 

 

「吉村八幡神社」

 

手水舎(ちょうずや)新しく

鈴の2つは新しく

神主 巫女(みこ)そろって御札(おふだ)を

 

 

「民家」

 

木が茂り草茂り

しかし自動車ナンバー付きの

多分ご老人

 

 

「枯(か)れ枝」

 

大きな椿の枯れ枝は

小さな黄緑メジロさん

お気に入りでじゅじゅと鳴く

 

 

「玉肥」

 

ゆっくり溶けて

肥料負け少ない

桜に次いで金柑(きんかん)に

 

 

「姪(めい)っ子」

 

オーストラリアの結婚式

スマホの写真と動画楽しみ

つるつるまんまるマカダミアナッツチョコ

 

 

「野鳥のヒヨドリ」

 

枯れ枝で羽膨(ふく)らまし

冬の風

一声鳴いて飛び立った

 

 

「義理の従兄弟(いとこ)」

 

30年前よく来ていた

頭は少し薄くなったが

昔そのままうれしかったな

 

 

「長生き姉妹」

 

90歳以上まで

長生きするのは

高血圧 癌(がん)も無し

 

 

「メジロとヒヨドリ」

 

早朝メジロ

その後ヒヨドリ枯れ枝に

姿よく見え気分良い

 

 

「スープ」

 

寒い雨の日

熱いスープを飲み込めば

北の国にはぴったりの

 

 

「持ち帰り料理」

 

久しぶり

電子レンジでチンとして

食堂よりも割安の

 

 

「散歩」

 

以前は67 km 今は4 km

体や気分への影響は

余(あま)り変わらないなあ

 

 

「運転免許更新の高齢者講習」

 

70歳のとほぼ同じ

血圧検査が加わった

6人受講者年重ね

 

 

「消防団」

 

この地では珍(めずら)しく

消防車両の鐘の音

火災防止を告げまわる

 

 

「ガラホ」

 

京セラ製を手にとった防水防塵耐衝撃の

使い方ガラケーとほぼ同じ

高齢者にはありがたい

 

 

「各 携帯キャリアで」

 

ドコモ au ソフトバンク

3社とも

すべてガラホがありました

 

 

「携帯電話ショップ」

 

女性来ておじいさんが

ラインで話して写真を見るだけ

大きな画面が良いと言うそう

 

 

「インターネットのブラウザ」

 

マイクロソフトがグーグルのエンジンを

時代の流れを感じます

これから先はどうなるか?

 

 

123日」

 

昼の気温が 21 

血圧下がり春気分

大寒この前過ぎたばかりで

 

 

「スープ飲み放題」

 

飲む時とてもおいしいが

後が少し

苦しいな

 

 

「八重椿(やえつばき)」

 

花少し落ち始め

根本の肥料に

60年以上見ているよ

 

 

「サーバー不調」

 

ホームページが今は見えない

久しぶり長時間エラー

ストレージが壊(こわ)れたそうだ

 

 

「メジロとヒヨドリ」

 

一緒(いっしょ)には来ない

場所は枯れ枝

姿よく見え楽しみの

 

 

128日」

 

河津桜に花2

赤い蕾(つぼみ)に緑の芽

肥料を多めにやりました

 

 

「野鳥の糞(ふん)」

 

ヒヨドリさんかな?

白い衣服に

黒のフン跡(あと)

 

 

「マスク」

 

新型コロナウィルスで

割安マスクは各店売り切れ

高めの品だけ少し残って

 

 

「車のガラス」

 

今日も凍ったウィンドウ

数十年前買った3角かき取り器

プラスチックでガラスは安全

 

 

「老舗(しにせ)のそば屋」

 

4店とも廃業のよう

発券機の小さな文字で

老人は使いにくかったなあ

 

 

「廃業の紙」

 

入り口ガラスに紙貼(は)られ

婉曲表現ぼかしてあって

これは寿司屋のときと同じだ

 

 

「スーパーオートバックス」

 

10数年ぶりスーパーオートバックス

ドローンの試用のネットもあって

若者好みの店内気分

 

 

「椿(つばき)の大木」

 

こんもりと中でメジロが

じゅじゅじゅと鳴いて

真っ赤な八重咲き目立ちます

 

 

「新型コロナウィルス肺炎」

 

鹿児島県で船降りてバスツアー

同乗した2人が発症

近くなり少し緊張

 

 

「新富町の座論梅(ざろんばい)」

 

満開の木もう散った木

人と同じだ

ずっと変わらぬ力石(ちからいし)

 

 

「眼鏡市場」

 

葉書きが来たよ

メガネ3個の鼻当て変えて

6個のクリーニング サービス良かった

 

 

28日 河津桜(かわづざくら)」

 

花は6分で葉はまだない

枝がずいぶん増えてきた

椿の花は数個です

 

 

「高岡町の月知梅(げっちばい)」

 

青竹提灯(ちょうちん)まわりを囲み

展望台から白梅見事(みごと)

幹(みき)は地を這(は)う臥龍梅(がりゅうばい)

 

 

「冬の散歩」

 

町中の小道

西風止まり

なかなか楽しい

 

 

「八重椿(つばき)」

 

多い日は3つの花落ち

そろそろ盛(さか)りか

メジロ来る

 

 

「新型コロナウィルス肺炎」

 

潜伏期間でも他人に移る

ワイドショー毎日詳(くわ)しく

大型モール当分行かない

 

 

213日」

 

突然に暖かい日だ

18個落ちた椿花

上着を脱いだ散歩道

 

 

「気温」

 

午後から急に気温が上がり

こんな日は

風邪ひきやすい気をつけようと

 

 

「椿(つばき)」

 

葉に囲(かこ)まれた赤い花

コンクリートに落ちた花

両方味わい幸せな

 

 

4G ガラケー」

 

新型と旧型

かなり異なるキーボード

新型はUSB TypeC になっていた

 

 

「メガネ屋さん」

 

2つメガネを持って行き

視力検査はだいじょうぶそう

これでOK運転免許更新が

 

 

「満開の河津桜(かわづざくら)」

 

葉は少し

花は満開

2月下旬のお花見は

 

 

「新型コロナウィルス」

 

散髪は

ショッピングモール避(さ)け

初めての店行きました

 

 

「ボンベルタ百貨店」

 

ドンキホーテのものとなり

改装前の姿見に

どう変わるかと楽しみの

 

 

「散歩道」

 

住吉は農地の中を

今は住宅地

それぞれに良いなあ

 

 

「椿(つばき)の落花」

 

今日だけで54個も

落ちた椿もまた華(はな)やかで

見上げりゃ更(さら)に生き生きと

 

 

「野鳥のジョウビタキ」

 

散歩道

メスはよく見る

オス初めてみたよ

 

 

「よぼよぼの老犬」

 

お尻地面におばさん散歩

別のおばさん犬の最後の話

どうしても食べなくなったそう

 

 

「野鳥のモズ」

 

こちらでは

初めて見たよモズくんを

尻尾(しっぽ)の回しはどこでも同じ

 

 

「老犬」

 

今日の声元気ない

飼(か)い主を

呼(よ)んでいるのかな?

 

 

「散歩」

 

町中(まちなか)散歩

3匹の飼い犬見たよ

2匹は散歩元気よく

 

 

「新型コロナウィルス」

 

石油ショックと似てきたな

トイレットペーパー マスク

米も店では減ってきた

 

 

「新型コロナウィルスで」

 

マスクは十分買えなかったな

トイレットペーパーは買えなかった

米 ティッシュペーパー少し買えたよ

 

 

「新型コロナウィルスは」

 

4 kg キッチンペーパー

買いました

2 km 歩いて運動帰宅

 

 

「ジンチョウゲの花」

 

盛(さか)り過(す)ぎ

それでも香る

散歩道

 

 

「フレイル(衰弱)健康診断」

 

4月から75歳以上義務化だそうだ

週刊誌いろいろ問題ありそうだ

これから話題になるだろう

 

 

「楽天携帯電話」

 

46日開始6月に5 G 

使い放題約¥4000

業界に値下げ旋風起きるかな

 

 

「宮崎県でも新型コロナウィルス」

 

ついに発症宮崎市

休校児童が

自転車元気

 

 

「自動車用品店」

 

チラシで行った

超目玉のトイレットペーパー

さすが大手はすごいなあ

 

 

「新型コロナウィルスの影響」

 

店頭にトイレットペーパーなし

ティッシュペーパーたまにある

全(まった)くないなあマスクだけ

 

 

「食堂で」

 

高校生の息子と父親

息子はタブレット父親スマホ

眺(なが)めて待っている

 

 

「車のレーダー・レーザー探知器」

 

新製品買いました

スピード取締り簡単地図付き

75歳以上厳(きび)しいからなあ

 

 

「新型コロナウィルス」

 

やっと買えたよトイレットペーパー

開店30分前並(なら)んだら

地元の患者の話持ちきり

 

 

「ドラッグストア」

 

久しぶりどさっと入(はい)った

トイレットペーパー

1時間後ぱっと売れもう半分に

 

 

「落ちてきれいなもの」

 

橋上の紅葉カエデ

八重の椿(つばき)の重量感

毎日落ち花うれしいな

 

 

「柑橘類の日向夏(ひゅうがなつ)」

 

高岡に今年も買いに行きました

客多く地元でとれた日向夏

贈り物ジャムの材料も

 

 

「モクレンの花」

 

ハクモクレン 紫木蓮

コロナのニュースも気にせずに

風にも揺(ゆ)れず咲き誇(ほこ)る

 

 

「ハナズオウの花」

 

今咲き始め

赤色濃(こ)さが

春の訪(おとず)れ

 

 

「随想(ずいそう)」

 

何を書こうか?

これに一番

時間がかかる

 

 

「墓参り」

 

旅客機何機も上空を

新型コロナウィルスも

関係ないよと風が吹く

 

 

「ユキヤナギの花」

 

真(ま)っ白花付け

八重(やえ)もある

これもユキヤナギ?

 

 

「車載用コンパス」

 

東西南北コンパスが売られてないなあ

今はナビ レーダー探知器地図付きの

これに駆逐(くちく)されたのだろう

 

 

「新型コロナウィルス長期戦も」

 

70歳代初めての

長期戦になりそうだ

気長に行こう体力つけて

 

 

「椿(つばき)の花」

 

落花が少なくなりました

上には花は

まだ多いけど

 

 

「国道219広瀬バイパス」

 

昨日開通今日走る

法面(のりめん)長く土盛り路線

見下(お)ろす景色は楽しめた

 

 

「田んぼのカエル」

 

父聞き母聞き夜カエル

新築我が家で生き生きと

なんだか落ち着く春の風

 

 

「携帯電話の基地局」

 

コンクリート柱

上に数本垂直アンテナ

これは5 G あるいは楽天?

 

 

「番(つがい)のカラス」

 

植たて田んぼ

カラス2

餌(えさ)を見つけてうれしそう

 

 

5G スマートフォン」

 

初めて触(さわ)った5G スマホ

見た目はそっくり今までと

まだまだ基地局ないけれど

 

 

「車」

 

3日前から小さなピー音

車屋さんで水ポンプから

私にとっては初めての故障

 

 

「コンビニ店でも」

 

トイレットペーパー ティッシュが戻った

ようやく国民に

ある程度の備蓄ができたのだろう

 

 

「5G スマートフォン」

 

初めて触(さわ)った

サムスン電子のS20 5G

まだまだこちらに電波はないけど

 

 

「水ポンプとサーモスタット」

 

ピーという音 自動車の

交換しました96000 km

音は今は聞こえません

 

 

「新型コロナウィルスと西都原」

 

桜祭りは中止です

しかし客多く

3分で菜の花満開

 

 

「ポータブル SSD

 

ソリッドステート ドライブ(SSD

時代はハードディスクからSSD

私もついに移動です

 

 

「ゲートボール」

 

新型コロナを気にせずに

芝生の公園

ご老人

 

 

「椿(つばき)の落花」

 

風吹いて

多めに落ちた

花拾(ひろ)う

 

 

「マンサクの花」

 

赤もあり黄色もあって

町中散歩

華(はな)やいで

 

 

「西都原の桜 菜の花」

 

新型コロナ気にせずに

自然は大きくふくらんで

満開満開山々すっきり

 

 

「春の高取山(たかとりやま)」

 

満開ツツジのトンネルを

家内とゆっくり登ります

春の景色を見下(お)ろして

 

 

「本県も」

 

新型コロナ7名に

宮崎市も不要不急の外出やめて

店のお客はそんなに減らず

 

 

「下剤」

 

よく効(き)かすにはこの下剤

コップの水に少しずつ

スプーンでかき混(ま)ぜながら

 

 

2日間の絶食」

 

大腸カメラ

絶食の後

食べた夕食ほんとに美味(おい)しい

 

 

「テレビのワイドショー」

 

新型コロナ関係は

ワイドショーが一番分かる

ありがたいなあ

 

 

「新型コロナ緊急事態宣言」

 

首相の宣言

なかなか良かった

ありがたい国日本です

 

 

「新型コロナウィルス」

 

老人は重症化しやすい

しかし全(まった)く

湧(わ)かない恐怖感

 

 

「知事」

 

新型コロナウィルス

やはり有能な知事

選んでおくのがとても大切

 

 

「新型コロナウィルス 命令」

 

国は命令出せないそうだ

要請 指示で指示が最高

これは避難指示でも同じです

 

 

HDからSSDへ換装」

 

ノートパソコン換装したよ

起動シャットダウン ウィルスチェック

皆高速に 1 TB SSD

 

 

「新型コロナウィルスと墓参り」

 

芝桜満開墓地で

父母に頼って新型コロナの願いを祈る

軽飛行機の軽めの爆音

 

 

「野鳥のキジバト」

 

1 m まで近づいても

逃げないなあ

こんなの2羽も見た

 

 

「新型コロナウィルスの週刊誌記事」

 

今のではサンデー毎日一番良かった

読み応(ごた)えあり量も多い

大変心に染(し)みる記事

 

 

「椿(つばき)の花」

 

やはり風にて落花する

強めの風の日

コンクリートを赤色飾(かざ)る

 

 

「魚の食堂」

 

昼過ぎ行った

客は少なめ窓開けてあり

テーブル1つおきコロナの影響

 

 

「新型コロナ携帯電話のKDDI

 

スマートフォンの店

営業時間が短くなった

入り口扉(とびら)は開けたまま

 

 

「トイレのエアーシャワー」

 

今は皆使えない

新型コロナ対策で

紙が代わりに置いてある

 

 

「新型コロナで原油の値段がマイナス」

 

生産国売れずにタンクが満杯で

原油を買えば

お金も与えるこんなことまで

 

 

「週刊誌」

 

新型コロナは

週刊誌

これが大変役に立つ

 

 

「新型コロナウィルスへの抗体」

 

抗体検査 ニューヨーク州で

人口の約14  が抗体を持っていた

 70  が抗体持てば大流行収(おさ)まる

 

 

「免疫力をつけるには」

 

栄養 睡眠 適度の運動

心がけ 無事に乗り越え

ワクチン待とう

 

 

「テイクアウト」

 

食堂は

テイクアウトが増えている

新型コロナ対策で

 

 

「日銀」

 

今までの異次元緩和

新型コロナで

辛(つら)いのでは?

 

 

「新型コロナ対策のマスク」

 

店で見たのは久しぶり

夜につける美容用

値段は1 400

 

 

「野鳥のモズ」

 

尻尾(しっぽ)くるくる

電線で

鳥にはコロナ無いようだ

 

 

「マスク」

 

ようやく売ってたマスクです

5枚入り約¥ 500

うれしかったよ

 

 

「野鳥のスズメ」

コンクリートの駐車場

番(つがい)のスズメが

仲良く遊ぶ

 

 

「新型コロナと西都原」

 

駐車場 植樹祭広場 このはな館

皆閉鎖

ジョギング男女は元気よく

 

 

「新型コロナで今品薄」

 

マスク 体温計 ハンドソープだ

トイレットペーパー ティッシュペーパー

は並(なら)んでいるよ

 

 

「新型コロナ緊急事態宣言延長」

 

総理大臣

5月末まで

国民に呼(よ)びかけた

 

 

「カフェでマスク買う」

 

カフェでマスクを売っていた

50 枚入り¥3000

中国製で販売日本の会社

 

 

「野鳥のモズ」

 

この前は雀の声真似(まね)

今日はイソヒヨドリの

うまくはないが聞いてて楽しい

 

 

「住宅地の散歩」

 

たまに畑 家壊(こわ)した跡

これ以外

ほぼ戸(こ)建てとアパート

 

 

「住宅地」

 

新しい家塀(へい)がない

あるのは古いものばかり

家への盗難防ぐには塀なしが良い

 

 

「郵便配達員さん」

 

赤いスーパーカブ機敏に乗って

びっしり建った住宅地

よく頭に入(はい)っているなあ

 

 

「新茶」

 

家内が入れた

今年初めて

静岡からの

 

 

「センリョウ」

 

赤い実のセンリョウが

花瓶(かびん)の中で根を出して

金柑(きんかん)脇に水やり楽しみ

 

 

「大感染症の後に全体主義が」

 

歴史的には全体主義が起こってくる

感染症には全体主義が効果あるから

今回はどうなるのかな

 

 

「引き継(つ)がれた野草」

 

ハナダイコン カタバミ

オオイヌノフグリ ムラサキカタバミ

ドクダミ キキョウソウ ありがたい

 

 

「カエルさん」

 

新型コロナ

気にせずに

カエルの合唱頑張ってるなあ

 

 

「仕出し弁当」

 

普通の弁当と

ひと味異なる

100年続いた店のもの

 

 

「新型コロナ対策」

 

ワクチンできるまで

栄養 睡眠 適度な運動

これで高める免疫力を

 

 

「花のカード」

 

店先で

11枚見ています

栽培種多いけど楽しいな

 

 

「カエルさん」

 

父母聴(き)いた蛙の声を

今年は妻と

記憶に残す

 

 

「新型コロナ対策 通院」

 

病院で2ヶ月毎(ごと)から

3ヶ月毎に

変えてもらえることもある

 

 

「野鳥のドバト」

 

広い車道で

交通信号赤のうち

番(つがい)のドバトは餌をとる

 

 

「おばさん」

 

おばさんの訃報(ふほう)が届いた

明るい笑顔と

大きめの元気な声を思い出す

 

 

「お通夜」

 

金鶏寺の和尚様

田園風景プリエール

なつかしい顔久しぶり

 

 

「厚生労働省から2枚の布マスク」

 

ついに我が家に届いたよ

赤いバイクの配達員さん

大切にとっておこう

 

 

「偏光サングラス」

 

初めて買った約¥1000

確かに反射は弱められ

青空少し暗めになった

 

 

「緊急事態宣言の解除」

 

東京都北海道も解除です

できるだけ

この状態が続くよう

 

 

「遠視」

 

凸レンズ眼鏡

これを掛(か)ければ

遠くも近くも見えが改善

 

 

「ホームページ」

 

史跡など題材あれば

慣れたものしかし

随想(ずいそう)は不慣れです

 

 

「¥100ショップで再びマスクが」

 

久しぶりマスクを販売

ただし50枚で¥2000

コロナの威力はやはりすごいな

 

 

「無線LAN子機」

 

数ヶ月で壊(こわ)れたよ

日本メーカー

なんだか寂(さび)しい

 

 

「大型のモール」

 

通ってみたら駐車場満杯

若い人はOKだけど

我ら老人当分行かない

 

 

「ナメクジさん」

 

我が家の玄関

子供のナメクジ

梅雨を楽しむ

 

 

61日」

 

ジャカランダ花開く

庭を楽しむ

散歩道

 

 

「米国の人種問題」

 

今大問題

このようなのは

解決むつかしい

 

 

「蚊(か)」

 

63

今年初めて蚊を見たよ

いよいよ我が家も夏が来る

 

 

「老人とスマートフォン」

 

画面小さく字が小さくて

これが一番

隘路(あいろ)かな

 

 

「汗」

 

この夏初めて

かなりの汗を

梅雨の合間の青空に

 

 

10万円の特別定額給付金 申請」

 

ようやく届いた申請書

ありがたいけど国の財政

やっぱり心配

 

 

「町内清掃」

 

父も掃(は)いたこの道を

30年後

私も鯉(こい)の水音聞いて

 

 

「随想(ずいそう)」

 

題(だい)が決まれば

すらすら書ける

何についてが1番大切

 

 

「光ファイバー」

 

光回線も

1 Mbps と低速の

こともあるそう知らなかったな

 

 

Windows update

 

新型コロナに関係なく

いつもの通り更新される

リモートワークをしてるのかな

 

 

「健康診断」

 

昔父肺がん見つかり

同じ場所

フェイスシールド係員

 

 

「写真のないホームページ」

 

なかなか書くのがおもしろい

昔のことを思い出し

楽しみながらできあがる

 

 

「今日の天気」

 

黒雲の

下だけ雨降り

グアム島のよう

 

 

「ディスカウントストア」

 

電器売場

眺(なが)めれば

時代の流れが分かります

 

 

「自動車のスマートキー」

 

電池交換もう3回目

今回は

手速(てばや)くできてうれしいな

 

 

「自動車のバッテリー交換」

 

自分で交換できるうち

力も頭も

まだ大丈夫(だいじょうぶ)

 

 

「新型コロナのワクチンの治験」

 

大阪で

いよいよ始まる治験です

成功するよう祈ります

 

 

「ノウゼンカズラ」

 

今日見たものは

ピンク色

栽培種かなあ

 

 

「都道府県またぐ移動が可能に」

 

コロナ対策緩(ゆる)められ

これから行く場所

さらに気をつけて

 

 

「梅雨の合間(あいま)」

 

港の明るさ船白く

夏の近づき

620

 

 

「夏至(げし)」

 

雨雲の上

青空 太陽

心に描(えが)く

 

 

「散歩」

 

住宅地

表札見るのも

なかなか楽しい

 

 

「鶏肉(とりにく)」

 

脂肪も少なめ

たくさん食べて

筋肉つけよう

 

 

「新型コロナでの生活」

 

なんだか生活

慣(な)れてきた

都会はそうではないのかなあ

 

 

「新型コロナの特別定額給付金」

 

1人当り¥10

届きました 大切に使います

いずれお返しするのだろうから

 

 

「ヒメザクロの花」

 

なつかしいヒメザクロ

真(ま)っ赤(か)な花は

若い筑波の

 

 

「アマガエル」

 

金柑(きんかん)の木に

緑色アマガエル

どうぞずっと居続けて

 

 

「スマートフォン」

 

店で触(さわ)って

重さいろいろ

ずいぶん差があるなあ

 

 

「傘の骨」

 

金属でなくグラスファイバー

折れにくいと書いてある

使うの楽しみ

 

 

「アゲハチョウ」

 

金柑(きんかん)の白い花

雨の合間(あいま)に

アゲハ蜜吸う

 

 

「郵便配達員さん」

 

民営化後は

配達バイクきびきびと

おそらく訓練あるのだろう

 

 

「コロナシールド」

 

和菓子屋さん薄いプラスティック

上から垂らし

これだと相手がよく見える

 

 

「傘」

 

軽さも意外と

大切だ

とくに高齢者

 

 

「マスク」

 

病院でマスクない人

院内でマスク買うよう

言われてた

 

 

「来客」

 

3年ぶりに会いました

話がなかなか面白(おもしろ)く

ブルーベリーのおみやげを

 

 

「金柑(きんかん)」

 

花は散(ち)り

赤ちゃん姿の小さな実

元気に育てよ楽しみな

 

 

「うなぎ屋さん」

 

客増えてきた

高値は変わらず

夏のせい?

 

 

「スーパーマーケット」

 

パチンコ店からマーケット

初めての店名だけど

わくわくするなあ